英語を話せるようになるには?


英会話を自由自在に使いこなしたい!
英語を使う職業に就きたい!
英語の勉強、ひいては英会話に興味を持った人なら、やはりぺらぺらと英会話を楽しみたいという憧れを一度は抱いたことがあるはずです。
ただし、残念ながら日本の教育シーンでの英語、英会話というものは、教育方針だったりその構造上、どうしても本物の英会話ができるようにはならないものだといわれています。
そして、巷にはそんなに簡単なものではないし、身につくかどうかに疑問符がつくような「この一冊で英会話が完璧にマスター!」できると謳文例集や指南書もびっくりするぐらい溢れかえっていますのが実情です。
それは、紛れもなく英語を勉強したい、英会話をマスターしたいというニーズがあるからなのですが、はじまりは戦後からで、実に60年以上も前からこのような傾向があるのです。
さらに英会話の習得を目指す人を惑わしてしまうものがあります。
それは英会話スクールの広告宣伝などが「簡単にマスター出来てしまうのでは?」と錯覚をおこさせます。
実は決してそんな簡単なことではないのです。

英語は今や、世界の共通語として全世界に認識されています。
海外旅行に行くたびに、わざわざ現地の言葉を覚えていては大変です。
旅行に行くたびに、現地の言葉を覚えるのが楽しい…という人もたまにはいますが、たいていの人は「何事もなく、旅行を楽しみたい」と思うのではないでしょうか。
私たちが話し言葉と書き言葉を使い分けているように、英語も話し言葉と書き言葉ではちょっと表現が違っていたりします。
インターネットで、海外の人と知り合ったりしたとき、学校で勉強した「英語」とちょっと違うので戸惑ってしまう。
そんな話はよく聞きます。
それも私たちがメールなどでやり取りする際に、「書いている」のにも関わらず、書き言葉ではなく話し言葉でメールをかくのと同じことです。
つまり、英会話は日本語で言う「話し言葉」なのですから、それについては学校で教えていないということもあって、新たに勉強をしていく必要があるのです。
インターネットで、旅先で…。
どんな出会いがあるか分からないのですから、英会話を学んでおくことは、けっして無駄ではないのです。
英会話をマスターするということは、世界中の人々と知り合いになれるチャンスが、その可能性がグンと広がるということなのですから。
どうですか?
なんだかワクワクしてきたのではないでしょうか?
ただし、先ほども言ったように、英会話をマスターするということは、決して大変なことではありません。
私たちは、母国語の日本語でさえ極めていないのですから、母国語ではない英語を、それもコミュニケーションを取りながら使っていく英会話をマスターするのは大変です。
そんなあなたをちょっとでもサポートできるように、私はこのサイトを作りました。

いくつもの英語や英会話の習得の方法論がある中で、英会話を使いこなすエキスパートとも言える職業である、通訳の方の意見や各種参考文献をもとに、ある方法論について詳しく述べてみたいと思います。
英会話をマスターするための勉強法や方法論として参考になれば幸いです。

●英会話の勉強法は、ひたすら繰り返し・・・
・英会話での、繰り返しの効果効能・・・
・英会話の際は、英語の意味を頭の中でイメージすること
●英会話でも基礎は大事です。
・頭の中にイメージすることにも一工夫が必要です
・それは、しっかりした基礎がなくして成り立たない?!
●シュリーマンに学ぶ、英会話習得法について
・シュリーマンの外国語習得方法とは?
・シュリーマンの外国語学習法と日本の英語教育シーンの違いとは?
・シュリーマンの外国語学習法における文法学習の位置づけ
●英会話を自由自在に使いこなすということ。
・英会話に限らず丸暗記はダメ!
・英会話を丸暗記すると必ずぶち当たる壁
・英会話をマスターするということについてのまとめ